学校教育目標


 

1 豊かな心(徳育)

           

 

2 みがかれた知性(知育)

 

 

3 たくましい身体(体育)

 

  • 思いやりにあふれる生徒
  • 責任感に富む生徒                    
  • 節度をわきまえる生徒
  • 探究心のおう盛な生徒
  • 創意工夫に努める生徒
  • 判断力の確かな生徒
  • 強い心でやり抜く生徒
  • 健康安全に心がける生徒
  • 勤労を喜ぶ生徒

平成29年度 重点目標

「やり抜く力」や「自制心」などの非認知能力を育む教育活動の推進

~道徳教育の改善・充実と校種間の円滑な接続を通して~

 

 本校の生徒は,挨拶がしっかりできる素直で明るい生徒がほとんどです。

 また,学校規模は,通常の学級は各学年1学級ずつであり,人数も20名程度であるため,教職員が,一人一人の生徒に対し,きめ細かに対応できます。

 さらに,素直で明るい生徒であることから,教職員の指導を徹底することにより,今以上に学力・体力が向上するとともに,心身共に健やかに成長する可能性を秘めています。

 子どもの人格の完成のためには,知・徳・体のバランスが大切です。平成27年・28年度の2年間において,学力・体力の向上を目指し,知育・体育に係る本校の課題を明らかにし,教職員が一体となった「チーム天中」で,解決のための具体的な方策に取り組むことで,一定の成果をあげることができました。

 今後は,学力・体力の向上に向けた,これまでの取り組みを継続・徹底するとともに,徳育の指導を充実することが必要と考え,本年度の重点目標を上記のようにしました。

 

平成28年度 重点目標

自分のよさを実感し,自信をもって努力し続ける,心身共に健やかな生徒の育成 

~学力・体力の向上と校種間の円滑な接続を通して~

 本校の生徒は,挨拶がしっかりできる素直で明るい生徒がほとんどです。

 また,学校規模は,通常の学級は各学年1学級ずつであり,人数も20名程度であるため,教職員が,一人一人の生徒に対し,きめ細かに対応できます。

 さらに,素直で明るい生徒であることから,教職員の指導を徹底することにより,今以上に学力・体力が向上するとともに,心身共に健やかに成長する可能性を秘めています。

 そこで,本校の学校課題や生徒の実態等を踏まえたならば,「学力向上プラン」や「体力向上プラン」等により,教職員が共通理解を図り,学校が一体となった具体的な取組を通して,生徒の学力及び体力を向上させると,生徒は,「自分はやればできる」という自信を深めることができ,自己肯定感と自己有用感を高め,「努力は必ず報われる」ことを実感し,心身共に健やかに成長すると考えました。

 また,小学校との一層の連携を図ることで,授業改善による学力の向上や,中1ギャップの軽減による不登校生徒の解消につながると考え,本年度の重点目標を上記のようにしました。

自分のよさを実感し,自信をもって努力し続ける,心身共に健やかな生徒の育成 

~学力・体力の向上と校種間の円滑な接続を通して~

平成27年度 重点目標

学力と体力が向上し,自分のよさを実感できる,心身共に健やかな生徒の育成

 

 本校の生徒は,挨拶がしっかりできる素直で明るい生徒がほとんどです。また,通常の学級は各学年1学級ずつであり,人数も20名前後であるため,教職員が,一人一人の生徒に対し,きめ細かに対応できる学校規模です。

 さらに,生徒は素直で明るいことから,教職員の指導が徹底することにより,今以上に学力・体力が向上するなどの成長する要素を多く含んでいます。

 このようなことから,「学力向上プラン」や「体力向上プラン」により,教職員が共通理解を図り,学校が一体となった具体的な取組を通して,生徒の学力及び体力を向上させると,生徒は,「自分はやればできる」という自信を深めることができ,自己肯定感と自己有用感を高め,「努力は必ず報われる」ことを実感し,心身共に健やかに成長すると考え,本年度の重点目標を上記のようにしました。